鍼灸・整体・食養生 おかだ鍼灸院 

06-6713-6621

JR関西本線・大和路線

「東部市場前駅」から徒歩4分

〒544-0023 大阪市生野区林寺4-18-17

月曜日から土曜日

8:00から20:00まで受付

定休日 日曜・祝日

おかだ鍼灸院

アクセスページへのリンクボタン

予約優先制です

駐車場 3台スペースあります

平成10年開業以来、大阪のこの地で

「心と体」と向き合い続けています。

 

「逆子を早期に直した方がいい」理由

昨今、「逆子」のお悩みでご来院いただくお母さんが

大変、増えています。

当院にも毎月1-2名のお母さんのご来院がありますので

産科などでは相当な数の方がおられるようです。

 

「逆子」のメリットは全くありませんので

早期に解決しておく必要があります。

デメリットとして、いくつかご紹介すると

 

1、「自然分娩」が困難になる

  逆子のままだとほとんどが「帝王切開」手術によるお産に

  なります。

  理由は出産時に「頭」が先に出ないと産道や子宮口で

  赤ちゃんの「頭が締め付けられる」「手足が引っかかる」などの

  トラブルが起こり、赤ちゃんの「頭蓋内出血」や

  「手足の脱臼や神経障害」のリスクが高まるためです。

      また、「破水」した時に「臍帯」が締め付けられて、赤ちゃんが
       窒息することもあるようです。

 

2、2人目、3人目のお子さんも「帝王切開」になる

   可能性が高く、「手術痕」の癒着などのリスクが

  高くなります。
      また、美容上の問題も残ります。

 

3、お母さんの「子宮内や子宮口」を爪や髪の毛で

     傷つけてしまいます。
     これにより「破水」のリスクも高くなります。

 

 

妊娠28週目を過ぎると赤ちゃんは子宮内で

回りにくくなってしまいます。

「逆子」は早ければ早いほど治りやすいので

「逆子」と解ったら早期の解決をめざしましょう。

 

 

 

「逆子の原因」ははっきりと解っていません

おかだ鍼灸院が考える

「逆子」になる原因

逆子の原因ははっきりしたことは究明されて

いないことが現状です。

諸説ありますがその一部をご紹介すると
「骨盤の形状や傾きの異常」
「子宮自体の傾きや奇形」

「臍帯」の長さや絡みつきの問題

などが挙げられています。

 

 

増加傾向にある逆子のお悩みでご来院された

お母さんの共通点を見てみると


1、「冷え」
2、「むくみ」

3、「つわりがあった」

4、頭痛、肩こりがひどい

5、腰痛

6、パンや麺類などを日常よく食べる

7、甘いものが好きで毎日、口にしている

8、夜寝るのが遅い

 

などが挙げられます。
子宮や骨盤の形状による原因もあるとは思いますが

お母さんの食生活を基本とする「生活習慣」の

影響も否定できない事実のようです。

 

 

 

 

「頭寒足熱」(頭を冷やして、足元を温かくすること)

は聞いたことのある方も多いはずの一般的な養生法です。

中国の古い書物にもこの記載は存在します。

でも、これは実は「大人」(14-15歳以降)の話です。

 

お腹の中の胎児を含めた「子ども」は「頭熱足寒」が

基本になります。

これもまた、中国の古い書物に記載があります。

 

ちなみの「大人は背中を温め、子供はお腹を温める」こと

が好ましいとされています。

大人の服は「前開き」が多く、赤ちゃんの服は「後ろ開き」

が多いのはこんな理由からです。

 

ここに「逆子が多い本当の理由」が隠されています。

 

昨今の日本の生活習慣は「冷房と冷蔵庫」の普及により

ほとんどの方が「冷えた状態」「冷やし過ぎの状態」

で生活を送っています。

冬も暖房を入れながらも「冷たい野菜や食品」を食べています。

 

この事実により、「お腹だけでなく体全体が冷えた状態」の方

が非常に多くなっています。

もちろん「子宮」も冷えた状態になっています。

 

その反面、冷たいものとは言え、一日中、動いている「胃」は

絶えず動いているため「熱」を帯びています。

 

頭熱足寒を好む赤ちゃんは「本来なら温かく気持ちいい」はずの

「子宮が冷たい」ために食べ過ぎで温かくなった「胃」の方に

「頭を向けることを余儀なくされてしまった」

 

と当院では考え、「逆子施術」の基本的な考えとしています。

 

おかだ鍼灸院の逆子施術

当院の逆子施術基本は「お母さんのお体の状態」を

最も重要視しています。


妊娠32週目までのお母さんの場合

初回は
「お体全体の施術」となります。

「冷え」や「むくみ」、「腰の状態」「首肩の状態」など

の「出産」やその後の「子育て」に向けての準備を

兼ねた施術を施してまいります。

自宅にて次の検査の日まで足の小指の「至陰」という

「ツボ」にお灸をしていただきます。

 

逆子が戻らない場合は

その後、ご通院を繰り返していただき、お体全体の

施術をしながら「お母さんのお体の状態を整える」

ようにしていきます。

 

32週を過ぎているお母さんの場合は

施術と自宅でのお灸、体操、その他の食養生などの

取り組みをしていただくことになります。

 

 

「逆子」はあきらめずに取り組めば、ほとんど成功する

施術です。(90%以上成功します)
直前まであきらめずに取り組むことをお勧めいたします。

 

当院で逆子が正常位に戻らなかった例をいくつか挙げると
〇出産直前のご来院
〇赤ちゃんが先天的な何らかの異常を起こしている場合
〇へその緒が短い
〇へその緒が体に巻きつく、および引っかかる

などがあります。

 

妊娠中や産後のお子様のお体の異常を含めた

「トラブル」はそのほとんどが「お母さんのお体の状態」

が原因となるものが多く見られます。

「逆子が治った、よかった」で終わらずにお母さん自身の

お体の状態や食事を中心とする生活習慣を今一度、
見つめなおし、

「自然分娩」とその後の「子育て」を充実させて、いただきたいと

願っています。

 

 

 

 

施術の内容のご案内

お悩みの詳細を聞いている

1・初回は問診表の記載からお願いしております

 

痛みやお悩みの状態により
お仕事(作業)の内容・生活習慣(就寝時間など)
食べ物の好き嫌い・家族構成 
などをお聞きすることがあります。
あらかじめ、ご了承ください。

3・当院独自の検査をいたします

整体施術のため
関節可動域(関節が動く範囲の確認)
ズレやゆがみの確認など

鍼灸施術のため
脈をみます(お体の弱った部分と滞りのある部分の検査)
腹部の状態の確認(お腹の動きや緊張を確認します)

食養生指導のための検査
お体のお悩みに影響を及ぼすと思われる食品のサンプルを
用いて、ご一緒に確認していただきます。


施術前の検査をしている風景

5・確認後、施術を開始します。
     鍼灸・整体・マッサージ施術の順序はお体の状態
     により異なります。

6・施術後の説明と生活習慣の養生法をお伝えします。

2・カウンセリングから始めます

4・検査結果のご報告と施術方針をお伝えします。

上へ

院長の首への鍼灸施術風景

施術料金のご案内

 施術時間  初診時 40分から60分  2回目以降 30分前後 を要します
 施術内容      鍼灸・整体・マッサージ施術をお体の状態に合わせて、
                  適宜組み合わせた施術です。
 施術メニューと料金
 総合施術                  5,000円 (税別)     基本コースになります。
 学生施術                  3,000円(税別)    9歳から22歳までの学生さんが対象です。
 小児鍼施術               1,500円(税別)    0歳から8歳までのお子様が対象です。
 流美鍼コース            6,000円(税別)    基本コースと当院独自のお顔の美容鍼
                                                             の両方が受けられます。

 特別総合施術           8,000円(税別) 体質を根本から見直したい方・不妊の
                                                             お悩みの方を対象とした施術です。                       

                             食事・日常生活の養生法のアドバイスなど徹底
                                                             した施術をご希望の方が対象になります。
      
※お選びいただいたコース料金以外に発生する料金は絶対にございません。

     〒544-0023大阪市生野区林寺4-18-17
             
大阪06-6713-6621

  施術を受けていただく、服装について
  施術着のご用意がございます。
     サイズも取り揃えて、おりますのでご安心ください。

  「ホームページ見て」とご予約ください。
      
大阪 06-6713-6621
      受付時間  月曜日から土曜日まで 8時から20時まで
     
休日 日曜日・祝日

     
ご相談やご質問は電話・メールどちらでも受け付けております。
       「相談無料」となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上へ戻る